富士山麓電気鉄道 モ1号

DSC06287.jpg

色:茶色
形状:円形
長さ:普通
状態:綺麗
付記:実際に触ることができないためなんとも言えないが、しっとりとした大人の雰囲気をかもし出している。バーの部分も茶色で統一されていて落ち着く。走っていた当時(1929年)はどんなつり革だったのかも非常に気になるところ。

DSC06284.jpg
河口湖駅前に展示されていた。

DSC06286.jpg
並び。なかなかの間隔。

DSC06288.jpg


DSC06285.jpg


富士山麓電気鉄道モ1形電車 - Wikipedia
関連記事

コメント

moke2

ほんとにお久しぶりです!!それでも毎日確認をしておりました。77年前の車両もやはり吊革を装備していたんですね。しかしこの時代にプラスチックはあったのかと思うと後からつけられた気もするのですが・・・ 変わりますが、先日例の地下鉄博物館に行ってまいりまして吊革も撮ってきてしまいました!!あと近々我がブログもまったく新しく趣味を取り入れたブログにリニューアルする予定ですのでぜひおいでください。アドレスも変わりますが同じfc2です^^ 

uke

ごぶさたしてます。つり革当時は一体どういったものだったのでしょうか。非常に気になります。

地下鉄博物館いいですね!もしよろしければまたつり革ご披露をw

最近お忙しいようですが新ブログ楽しみにしています。
非公開コメント

プロフィール

uke、uki、ichi

吊革ブログは2006年に3人ではじめました。一見同じようで、全く違う不思議な吊革の世界。
はじめた理由やつり革に対する思いはこちら。情報提供や問い合わせはメールかツイッターにください。
p0n@hotmail.com
https://twitter.com/p0n

This blog introduce TSURIKAWA.
"TSURIKAWA" is one of hand strap attached train or bus and any other.
If any information about TSURIKAWA you have. Please let us know email or twitter.