JR中央線 高尾行き (東京)



設置場所:扉入ってすぐ横の高い部分
色:ねずみ色
形状:丸
長さ:かなり短い
状態:深夜のため悪い。べたべたする
付記:なかなか堅固な作り。留め金でしっかり留められている。ラッシュ時には3分おきに満員電車で走るほどの、日本でも屈指の通勤車両だけはある。



設置場所:扉入ってすぐの低い部分
色:薄茶色
形状:三角
長さ:普通
状態:同じく深夜のため悪い。べたべたする
付記:こちらは革の色が違う。長さもややゆとりがある。



設置場所:優先席がありがちな、長くない座席前
色:ねずみ色
形状:丸
長さ:普通
状態:やっぱりこちらも深夜のため悪い。べたべたする
付記:この車両は「モハ」であることが確認できる。

総論:同じ車両でも吊革の形状、革の色や長さが違うことが分かった。設置するゾーンによって使い分けがあるようだ。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

uke、uki、ichi

吊革ブログは2006年に3人ではじめました。一見同じようで、全く違う不思議な吊革の世界。
はじめた理由やつり革に対する思いはこちら。情報提供や問い合わせはメールかツイッターにください。
p0n@hotmail.com
https://twitter.com/p0n

This blog introduce TSURIKAWA.
"TSURIKAWA" is one of hand strap attached train or bus and any other.
If any information about TSURIKAWA you have. Please let us know email or twitter.