シンガポール 地下鉄

Pict0324.jpg

色:白
形状:三角
長さ:普通
状態:普通
付記:友人のTさんからいただきました。すごく丁寧なコメント付きだったので
極力そのまま掲載します。カッコ内は私のコメントです。



Pict0318.jpg

これは地下鉄の切符売り場。まず、行きたいところをタッチするとお金が表示されるので、お金をいれます。そしたら、カードみたいなものがでてきたんだけど、それが1シンガポールドルとられているらしい。降りるときにまたこの機械に返せば戻ってくるらしいんだけど、そんなことを後で知ったので、私の手元に結局ある。




Pict0320.jpg

改札。自動改札で、さっきの切符カードをぴってやるのも日本と同じ。ドアが三角。
(面白いドアの形です)


Pict0321.jpg

シンガポールは転落防止になっていたので、電車は撮影できず。


Pict0322.jpg

一応電車。見えるかな。

(見えます)

Pict0323.jpg

いよいよつり革。電車のドアとドアの間の真ん中にあるんだよ。つり革自体はふつうだけど、つり革とつり革の間に広告があるよ。広告なのかもわからないけど。

(確かにわかりませんが、すごい数ですね)

Pict0325.jpg

電車の中全体

Pict0326.jpg

また拡大。色白。大きさ普通。形三角。長さ普通。

(これ言われると私の立場がほぼなくなります)

Pict0327.jpg
路線図。ちなみに地下鉄のことMRTというらしい。市内要所を結ぶ。
あと、さっきの自動発券機をGTMというらしい。各駅にNS22などという、駅名のほかに路線の略と番号が載っている。私はノース・サウス・ライン(NS)にのったっぽい。


Pict0328.jpg

おまけ

(ご褒美です。ありがとうございます)

Pict0329.jpg

手すり。この手すりと手すりの間につり革がならんでいるよ。日本にはないのでおもしろいよね。
ちょっとでも貢献できたなら幸いです。


Tさん本当にありがとうございました。
関連記事

コメント

moke2

ご無沙汰しております。それでも頻繁に拝見させていただいております。しかし広告の位置が珍しいですね… 吊革のカバー(と言えばいいのかわかりませんが…)にふつうありますよね^^
そして車両の製作も日本のメーカーが関係しているだけに、吊革も似ているのですかね(゜_゜)

uke

気づけば暑い夏が過去のもになりつつあります。
こうやって海外のつり革を紹介していて
改めて日本はつり革先進国だと感じます。
まったく根拠はありませんが笑
非公開コメント

プロフィール

uke、uki、ichi

吊革ブログは2006年に3人ではじめました。一見同じようで、全く違う不思議な吊革の世界。
はじめた理由やつり革に対する思いはこちら。情報提供や問い合わせはメールかツイッターにください。
p0n@hotmail.com
https://twitter.com/p0n

This blog introduce TSURIKAWA.
"TSURIKAWA" is one of hand strap attached train or bus and any other.
If any information about TSURIKAWA you have. Please let us know email or twitter.