サンフランシスコ市バス

引き続きYokoさんより。(コメントもいただいたものです)


3416650232_cfcd61c125_o.jpg

色:黒
形状:楕円(ナイロン?)
長さ:普通
状態:普通
付記:基本的に路面電車と一緒のナイロン?つり「紐」です。

脱出口が天井にあるのが新鮮です。(uke)

3416594044_e63b3f7a8f_o.jpg

ほとんど広告なし。
注目していただきたいのが、つり革のぶら下げ方。
ちょっと見えにくいかもしれませんが、数が均等じゃない。
車内後部には一本づつ、でも前は向かって左手には2つしかないのに、
右手には4つのあります。
特に右手の空間が広いというわけではないのですが。。
つり革がなければその辺の棒につかまれ、ということなんでしょう。

そして、左手奥の2つは一カ所に固まってました。
横棒にぶら下がっているだけなので、固定されておらず、誰かが動かしたんでしょう。。

数年前まではバスにつり革(紐?)自体なかったと記憶してます。

ちなみに全部のバスのつり革の付け方がこういうわけではなく、
もっといっぱいぶら下がっているのもあります。

アバウトです。


アメリカ!フリーダム!(uke)


3416593660_1655d3b248_o.jpg

サンフランシスコのトロリーバス
サンフランシスコの市バスの一種。
普通のバスも走ってますが、サンフランシスコは急な坂道が多いので、
こういうトロリーバスもあります。
かつては、急な坂道だとバスがエンストしてしまうことがあり、
乗客は一度バスから降り、歩いて坂をあがり、坂の上で待っているバスに再び乗車、
なんてこともあったそうです。
ケーブルカーみたいなロマンはないですが、このトロリーバスのおかげで
ちゃんと乗客のせて坂があがれるようになりました。。^^;)



3416593202_2636d51114_o.jpg

トロリーバス、前から。
チャイナタウンで撮ったので漢字看板あり。

手前に自転車を載せる部分があります
上が電源。


Yokoさん
たくさんの写真と詳細なレポートありがとうございました。
サンフランシスコは仕事で一度だけ訪れたことがありますが、
そのときは忙しくて吊革写真をほとんど撮ることができませんでした。
ですので、ありがたい気持ちと懐かしさが同時に込み上げてきました。


参考
サンフランシスコ市営鉄道

関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

uke、uki、ichi

吊革ブログは2006年に3人ではじめました。一見同じようで、全く違う不思議な吊革の世界。
はじめた理由やつり革に対する思いはこちら。情報提供や問い合わせはメールかツイッターにください。
p0n@hotmail.com
https://twitter.com/p0n

This blog introduce TSURIKAWA.
"TSURIKAWA" is one of hand strap attached train or bus and any other.
If any information about TSURIKAWA you have. Please let us know email or twitter.